TAG人財育成

タグ:人財育成

コラム

2015/12/20

講演・イベント・番組出演・取材

滋賀県庁「県庁Σ塾」にお招き頂きました。 その2 組織を超えた「タレントマネジメント」へ

滋賀県庁「県庁Σ塾」にお招き頂きました。 その2 組織を超えた「タレントマネジメント」へ

滋賀県庁職員有志の方々を中心にした「県庁Σ塾」。そのゲストスピーカーにお招きいただきました。 人事や人財育成が専門の幹部職の方や課長級の方から新人の方々、そして、お隣の京都市職員の方から、大学講師の...

続きをみる

コラム

2015/12/15

講演・イベント・番組出演・取材

滋賀県庁「県庁Σ塾」にお招き頂きました。 その1 人の「学び」とは?

滋賀県庁「県庁Σ塾」にお招き頂きました。 その1 人の「学び」とは?

去る11月24日、滋賀県庁内で行われた勉強会「県庁Σ塾」にゲストスピーカーとしてお招きいただきました。 「県庁Σ塾」は、滋賀県庁の職員の方々を中心とする有志の勉強会で、塾長(代表)は、西嶋栄治副知事。 200...

続きをみる

コラム

2015/10/02

インターンシップ

「あるべき看護の姿」を描くフューチャーセッションとまとめ

「あるべき看護の姿」を描くフューチャーセッションとまとめ

TM Futureでインターンシップをしていた冨田です。これまでインターンシップでの気づきと学びをコラムにまとめてきましたが、いよいよそれも最後になりました。12番目となる最後のコラムはインターンシップの締め...

続きをみる

コラム

2015/09/30

インターンシップ

人財育成のためのスキルセットの「見える化」

人財育成のためのスキルセットの「見える化」

前回に引き続き、在宅療養支援診療所と訪問看護ステーションを訪問し、看護師の方々にインタビューさせて頂いた学びからの総括です。 人財育成のためには、伸ばすべきスキルが明確になっている必要があります。訪...

続きをみる

コラム

2015/09/24

インターンシップ

社員が主体的に行動する組織文化の醸成

社員が主体的に行動する組織文化の醸成

(株)TM Futureでインターンシップをさせて頂いていた冨田耕平です。8月の末をもって3ヶ月間のインターンシップを無事終了させて頂きました。引き続き、このコラム欄の場を借りて、ご報告を兼ね、期間の後半での学...

続きをみる

プロジェクト

2015/09/18

製造業A社「経営幹部候補の育成プロジェクト」

「みらいプロジェクト」のその後。

「みらいプロジェクト」のその後。

本プロジェクト欄でもご紹介した製造業A社の「経営幹部候補の育成プロジェクト」。昨年実施した第一フェーズでは、3グループに分かれて「経営方針を具現化する施策」を策定し、経営会議に提言し、その施策を通す...

続きをみる

コラム

2015/06/30

インターンシップ

「俯瞰的思考」と「気づく力」

「俯瞰的思考」と「気づく力」

インターンシップ中の冨田耕平です。 (株)TM Futureがお手伝いをしている製造業A社でのプロジェクトにお邪魔しました。   A社では、まず第一フェーズとして、まさにタレントマネジメント戦略である「次の経...

続きをみる

タレントマネジメント論

2015/03/25

目標を設定する力、目標を修正する力  人は目指したところにしか行けない

目標を設定する力、目標を修正する力  人は目指したところにしか行けない

先般、この「タレントマネジメント論」で、「内省力」について述べました。 具体的に体験したことを、自身で振返り、一般化し、自分の引き出しに入れること、そしてそれを再利用できる形にすること、それがスキル...

続きをみる

タレントマネジメント論

2015/01/27

人の成長には「内省力」が必要です

人の成長には「内省力」が必要です

    人の成長に欠かせないものに、「内省力」があります。 あるプロジェクトでの会話。 私たちは、プロジェクトの随所にインタビューによるメンタリングを取り入れています。このプロジェクトでも、開...

続きをみる

タレントマネジメント論

2014/11/01

人財育成の実践に大事なこと 「タレントマネジメント」の要諦

人財育成の実践に大事なこと 「タレントマネジメント」の要諦

いまさらですが・・「企業は人なり」。今や、企業経営や組織運営に関わる方々であれば誰もこれを否定される方はいないでしょう。経営者やマネジメントの誰もが、「人の力を最大限活かし、組織の力を上げたい」(⇒...

続きをみる

ページトップに戻る