TAGインタビュー/メンタリング

タグ:インタビュー/メンタリング

コラム

2015/12/20

講演・イベント・番組出演・取材

滋賀県庁「県庁Σ塾」にお招き頂きました。 その2 組織を超えた「タレントマネジメント」へ

滋賀県庁「県庁Σ塾」にお招き頂きました。 その2 組織を超えた「タレントマネジメント」へ

滋賀県庁職員有志の方々を中心にした「県庁Σ塾」。そのゲストスピーカーにお招きいただきました。 人事や人財育成が専門の幹部職の方や課長級の方から新人の方々、そして、お隣の京都市職員の方から、大学講師の...

続きをみる

プロジェクト

2015/11/24

メンタリング・インタビュー

「メンタリング・インタビュー」 ダンクソフト「星野晃一郎」社長編 第三話

「メンタリング・インタビュー」 ダンクソフト「星野晃一郎」社長編 第三話

去る10月29日、北海道別海町で実施させて頂いた「メンタリング・インタビュー ダンクソフト 星野晃一郎社長 編」の第三話です。前々回から3回に渡り、そのインタビューの記録をレポートしています。   い...

続きをみる

プロジェクト

2015/11/19

メンタリング・インタビュー

「メンタリング・インタビュー」 ダンクソフト「星野晃一郎」社長編 第二話

「メンタリング・インタビュー」 ダンクソフト「星野晃一郎」社長編 第二話

去る10月29日、北海道別海町にて実施させて頂いた「メンタリング・インタビュー ダンクソフト 星野晃一郎社長 編」の第二話です。前回から3回に渡り、そのインタビューの記録をレポートしています。   入...

続きをみる

プロジェクト

2015/11/17

メンタリング・インタビュー

「メンタリング・インタビュー」 ダンクソフト「星野晃一郎」社長編 第一話

「メンタリング・インタビュー」 ダンクソフト「星野晃一郎」社長編 第一話

去る10月29日、北海道別海町にて、「メンタリング・インタビュー ダンクソフト 星野晃一郎社長 編」を実施させて頂くことができました。「コスモピア 田子みどり社長」「サイボウズ/ダンクソフト 中村龍太さ...

続きをみる

タレントマネジメント論

2015/03/07

「メンタリング」に大切なこと

「メンタリング」に大切なこと

(株)TM Future代表の竹内が行なっている「メンタリングによるインタビュー」。先日は、サイボウズとダンクソフトで「複業」をこなす中村龍太さんに、実施をさせて頂きました。   その際、龍太さんや周りで聴...

続きをみる

プロジェクト

2015/03/03

メンタリング・インタビュー

第四話 龍太さんの気づき  「闘わない」ことへの肯定と「カメレオン」

第四話 龍太さんの気づき 「闘わない」ことへの肯定と「カメレオン」

さて、前回までは、インタビュアーからの観察や気づきを主に述べてきました。 では、当の「龍太さん」は、このインタビューでいったいどんな「気づき」に到達されたのでしょうか? 「『闘わない』ことを肯定でき...

続きをみる

プロジェクト

2015/02/28

メンタリング・インタビュー

第三話 モチベーションの源泉は? そして大切にしたいこと

第三話 モチベーションの源泉は? そして大切にしたいこと

「軽々と、バリアを超え」「壁のこちらとあちらをつなぐ」。そんな行動特性を持ち「引き寄せて、掴み取る力」を強みとする、龍太さん。 では、彼にとって、どんなことがモチベーションとなり、何を大切にしていけ...

続きをみる

プロジェクト

2015/02/26

メンタリング・インタビュー

第二話 「引き寄せて、掴み取る力」  龍太さんの強みの根源は?

第二話 「引き寄せて、掴み取る力」 龍太さんの強みの根源は?

自称「スパイ」、「サイボウズ」と「ダンクソフト」はたまた農業と、一見器用に「複業」をこなす中村龍太さん。 この、大胆とも思える行動力(感覚的には、ふだん接しているとより自然で「しなやかな」行動力とい...

続きをみる

プロジェクト

2015/02/26

メンタリング・インタビュー

インタビューによるメンタリング「龍太さん」編 第一話

インタビューによるメンタリング「龍太さん」編 第一話

去る1月9日(金)午後2時。キリリと引き締まる凛とした冬の空気と、とても都会とは思えない空間に皆さんの心のこもった設えのなか、「中村龍太」さんのインタビューをさせて頂きました。場所は「ダンクソフト浅...

続きをみる

タレントマネジメント論

2015/01/27

人の成長には「内省力」が必要です

人の成長には「内省力」が必要です

    人の成長に欠かせないものに、「内省力」があります。 あるプロジェクトでの会話。 私たちは、プロジェクトの随所にインタビューによるメンタリングを取り入れています。このプロジェクトでも、開...

続きをみる

12
ページトップに戻る